カルテ破棄

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほと
続きを読む >>

家族性ミオパチーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 家族性ミオパチー 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約198万円 相談時の状況 兄弟に同様の症状があり、幼少期から足首が固く走るのが苦手だったことから、いつ発症するかという不安はあったそうです。 社会人になり数年後から徐々に歩行困難な状況になり、杖を使わな
続きを読む >>

うつ病、解離性障害、転換性障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/無職 傷病名 うつ病、解離性障害、転換性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約187万円 相談時の状況 事務員として勤務していた頃にめまいや発作が起き、救急搬送されたことがきっかけで精神科への通院を続けることになったそうです。 退職後、家庭で療養に専念していても抑うつ症状は徐々に
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース②

相談者 女性(30代)/主婦 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 20代前半の頃より、勤務していた飲食店にて歩行中につまづいたり、パソコンの画面が見にくくなるなどの自覚症状があり受診、網膜色素変性症と診断され通院を続けていました。結婚後、専業主婦となってからも視野狭窄の症状が徐々に進行し、家事への支障
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 無職・女性(40代) 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金3級 支給月から更新月までの総支給額 約117万円 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 20年以上前に発症したが当時は症状が軽く、10年前より家庭や職場でのトラブルが続き症状が悪化、定期通院するようになりました。ここ数年は働くことがで
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース③

相談者 無職・男性(40代) 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額 332万円 決定した年金額 約133万円 相談時の状況 7年ほど前に発症、通院を続けていたが症状は改善せず、仕事上でもミスが続き解雇されてしまい、就職活動もなかなか行えない状況で障害年金の存在を知り、相談を受けました。 依頼から請求までのサポート 初診
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

1.相談に来た時の状況 病気になったのは7~8年前だそうです。 近所の精神化に半年ぐらい前から通っていたものの、仕事をやめたことをお医者様に言いだすことができず、症状が軽いと思われていました。しかし、現実的には旦那様がいないと何もできない状況で生活に苦しまれておりました。 2.社労士の久保による見解 現状の症状をしっかりお医者様にお伝えし、書いてもらえれば2級を認定してもらえると考えました。 3
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定