名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分

視覚障害

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約194万円 相談時の状況 製造業にて夜勤をこなし、趣味で野球も続けていましたが、見え方に異常を感じ受診したところ、網膜色素変性症と診断されました。夜盲や視野狭窄といった症状は緩やかに進行、落としたものが見つけられないこ
続きを読む >>

両緑内障、右眼底出血で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両緑内障、右眼底出血 決定した年金種類と等級 障害厚生年金1級 決定した年金額 約97万円 相談時の状況 出生後すぐに先天性緑内障が見つかり手術するも、右眼は失明、左はやや低下した状態だった。以降、経過観察を継続。学校では前の方の席にしてもらったり、体育はほぼ見学だったそうです。 大学卒
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約144万円 相談時の状況 大学卒業後、ソフト開発のプログラマーとして従事。パソコン作業が中心のため、はじめは単なる眼精疲労だと思っていたそうです。次第に、歩行中に人や物にぶつかったり、躓くことがあり、また明るさや暗さ
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約174万円 相談時の状況 高校卒業後、建設業に従事。現場作業の際、明るさに慣れるのに時間がかかったり、物が見えづらくぶつかってしまうことがあったそうですが、仕事は何とかこなすことができ、忙しかったことも受診はしていま
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約152万円 相談時の状況 7年ほど前の健康診断で視力の低下を指摘され、夜盲症状などの自覚もあったことから受診。 眼の負担を考えながら仕事を続けていましたが症状は徐々に悪化し、視野の低下で退職に至ったことから、ご相談いた
続きを読む >>

両黄斑ジストロフィーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 両黄斑ジストロフィー 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約177万円 相談時の状況 20年程前に初めて自覚症状があり受診されたそうですが、特に治療法もなく、数年に1度の検査受診を続けている状態でした。症状は緩やかに進行しており、目の前まで近づかなければ人の顔も認識できな
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約150万円 遡求決定した年金額 約818万円 相談時の状況 小学校高学年~中学生まで少林寺拳法に取り組んだり、就職後もフットサルやスノーボードを趣味とするなど活動的に過ごしてきた。30歳になった頃から夜盲
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約152万円 相談時の状況 健康診断で視力の低下を指摘され、夜盲などの自覚症状もあったことから受診。服薬を続けるも症状は徐々に悪化し、運転業務にも支障をきたすようになり退職に至ったことで障害年金の存在を知り、ご相談いただき
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約144万円 相談時の状況 思い返せば社会人1年目の頃から暗い所で目が慣れず時間がかかったり、見えづらいと感じることはあったとのことでした、PC業務で目を使う時間が多く、ただの疲れだと思い特に受診することは
続きを読む >>

両眼網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 両眼網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約120万円 相談時の状況 視力の低下、夜の車の運転が見づらくなっていたことから受診、網膜色素変性症と診断され通院していましたが症状は徐々に進行、視野狭窄が著しく介護職を続けていくことは困難となり、受給することはでき
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定