網膜色素変性症

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約152万円 相談時の状況 健康診断で視力の低下を指摘され、夜盲などの自覚症状もあったことから受診。服薬を続けるも症状は徐々に悪化し、運転業務にも支障をきたすようになり退職に至ったことで障害年金の存在を知り、ご相談いただき
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約144万円 相談時の状況 思い返せば社会人1年目の頃から暗い所で目が慣れず時間がかかったり、見えづらいと感じることはあったとのことでした、PC業務で目を使う時間が多く、ただの疲れだと思い特に受診することは
続きを読む >>

両眼網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 両眼網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約120万円 相談時の状況 視力の低下、夜の車の運転が見づらくなっていたことから受診、網膜色素変性症と診断され通院していましたが症状は徐々に進行、視野狭窄が著しく介護職を続けていくことは困難となり、受給することはでき
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース②

相談者 女性(30代)/主婦 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 20代前半の頃より、勤務していた飲食店にて歩行中につまづいたり、パソコンの画面が見にくくなるなどの自覚症状があり受診、網膜色素変性症と診断され通院を続けていました。結婚後、専業主婦となってからも視野狭窄の症状が徐々に進行し、家事への支障
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害年金2級を受給できたケース

1.相談に来た時の状況 始めは旦那様から相談がありました。 奥様が網膜色素変性症でほぼ視野が5度という状況でした。 遺伝の要素が強い病気らしく、20過ぎてから発祥に気付き、10年ぐらい前から視野が悪くなってきていたそうです。 もともと障害年金はもらえないものだと思っていたが、HPを見て念のため相談したいと考えてくださりました。 2.社労士の久保による見解 視野5度以内だと2級という基準もあっ
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定