名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分

皮膚筋炎、自己免疫性肝炎で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦
傷病名 皮膚筋炎、自己免疫性肝炎
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級
決定した年金額 約120万円

相談時の状況

勤務先の健康診断にて肝機能異常を指摘され受診。検査の結果、皮膚筋炎と乳がんが判明。乳がん手術後、退院してからも全身倦怠感や痛みによって肩や腕、下半身も力が入らず立ち上がりも困難な状態が続き、すぐに再入院となった。皮膚筋炎治療のため抗がん剤治療は延期し、ステロイド治療・血液製剤治療を続けたが効果は少なく、体力や筋力の低下が顕著になり、一人での行動や歩行は困難となっていた。その後、抗がん剤治療を開始するも全身倦怠感によりリハビリも満足に行えず、筋力は低下していきました。自宅での歩行は壁や物づたいで行い、外出時は車椅子を使用。物の持ち運びや家事全般、一人でこなすことは困難で、障害年金が受給できるのではとご主人より相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

健康診断の結果や、これまでの受診歴をしっかり残されていたので、初診日証明の取得や申立書作成もスムーズに進めることができました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定。
退職になって以降、将来的な不安から気分が落ち込んでしまうことが多かったそうですが、症状が認められて気持ちが少し軽くなったと言っていただけました。

受給事例の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定