名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分

完全房室ブロック、ペースメーカー移植術後上大静脈症候群で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員
傷病名 完全房室ブロック、ペースメーカー移植術後上大静脈症候群
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級
決定した年金額 約116万円

相談時の状況

勤務中に微熱や頻脈、めまいなどの症状があり近医を受診。血液検査で特に異常がなかったことから疲労や風邪ではと診断されました。しかし、数日経っても症状は改善せず、別の病院を受診すると、心電図検査により完全房室ブロックと診断、緊急手術となりました。
ペースメーカー術後の経過は順調でしたが、半年後に上大静脈症候群が判明。一度ペースメーカーを抜去し、上大静脈拡張術、再びペースメーカー移植術後に職場復帰となり、ご相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

長期休職明けで仕事が忙しく、手続きの準備がなかなかすすめられなかったことから依頼いただき、書類取得や提出まで全般的にサポートさせていただきました。

結果

障害厚生年金3級の受給が決定。
現在まで経過は良好で、依然とほぼ変わらず仕事を続けられています。

事例の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定