統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 無職・男性(40代)
傷病名 統合失調症
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
支給月から更新月までの総支給額 約410万円
決定した年金額 約195万円

相談時の状況

会社員だった20年前より幻覚・幻聴の症状が起こるようになり受診。家族を支えなければといった責任感が強く無理に仕事を続けていたこともあって次第に症状が悪化、3年前に退職してからは働くことができず、奥様がパートをかけもちし家計を支えている状況でご相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

初診から現在までの通院・治療歴は奥様がしっかり覚えており、カルテも保存されていたため書類取得、作成から提出までスムーズに進めることができました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。
小学生のお子様が2人いるため家計の負担も大きく、決定まで焦りや不安を抱えておられましたが無事受給が決定し将来の見通しが立てられるようになったと喜んでいただけました。
無理をしながらも働くことができていたこともあって、遡及分は不支給でしたが現在審査請求中で、ご本人やご家族の苦労がなんとか認定されればと思っています。

統合失調症の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定