愛知障害年金相談センター

MENU

20歳前

脳性麻痺で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 脳性麻痺 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 出生後すぐに心機能に異常が見つかり、手術。以降、経過観察を続ける中で、起立歩行ができない等の発育の遅れが見られ、検査により脳性麻痺であることが判明。バランスを崩しやすく転倒の危険もあるため、ご両親は養
続きを読む >>

アスペルガー症候群、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 アスペルガー症候群、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 遡求決定した年金額 約390万円 相談時の状況 幼い頃から周囲に馴染めず、中学生の頃より、うつ病での通院を開始。高校卒業後は、自宅に引きこもる生活が続いていたそうです。その後、アスペルガ
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 学生時代から友人との人間関係で悩むことが多く、頭痛や腹痛といった身体症状もあり断続的に受診していたそうです。大学卒業後のアルバイト先でも孤立しがちで気分も落ち込み、精神科へ再度通院、広汎性発達障害
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約390万円 相談時の状況 高校2年時に幻聴症状が現れ、家族の抑えもきかない状態だったため精神科へ入院、その後も精神治療を続けながら短大を卒業し就職しましたが、幻聴や妄想症状が悪化させすぐに退職。 就労支援施設に通いながらも
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級 決定した年金額 約97万円 遡求決定した年金額 約97万円 相談時の状況 小学校入学までは特に指摘もなかったのですが、落ち着きのなさや集団行動が苦手なことが多く、検査の結果自閉
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 小学校の頃より情緒不安定なところがあり、精神科を受診するようになったそうです。精神症状は悪化し幻聴・幻覚や妄想症状も現れるようになり、統合失調症と診断され通院を続けていました。20歳を迎えた時に家族の方が請求をしましたが不支給、以降も就労
続きを読む >>

軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 軽度知的障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 幼少期から行動が遅く、集団行動が苦手といったことはありましたが、受診には至っていなかったそうです。高校に進学することはできず、アルバイト等の就労も長続きせず、家庭内で暴れてしまうこともあり精
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース⑤

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約77万円 相談時の状況 高校生の頃から発症し、卒業後も就職することができず家族のサポートを受けアルバイトをしながら治療を続けていました。その後専門学校にて介護の資格を取得し就職していたが、幻覚・幻聴や抑うつ症状の悪化により退職、働くことができない状態が続き、ご相
続きを読む >>

知的障害・自閉症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/会社員 傷病名 知的障害・自閉症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約78万円 相談時の相談者様の状況 養護学校卒業後障害者雇用にて就職したが、日常生活はもちろん、通勤方法や仕事の進め方など家族等の指導や見守りが必要な状況で、20歳の誕生日を迎える前に、お父様よりご相談いただきました。 依頼から請求までのサポー
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定