愛知障害年金相談センター

MENU

退職

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約152万円 相談時の状況 健康診断で視力の低下を指摘され、夜盲などの自覚症状もあったことから受診。服薬を続けるも症状は徐々に悪化し、運転業務にも支障をきたすようになり退職に至ったことで障害年金の存在を知り、ご相談いただき
続きを読む >>

広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 工場に勤務していた20代半ば頃から強迫性障害の症状が出現し、仕事に集中することができなくなり退職、引きこもりの状態になってしまった状況を心配した家族に連れられ受診することになっ
続きを読む >>

小脳梗塞で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 小脳梗塞 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約222万円 相談時の状況 8年前に小脳梗塞発症も後遺症はほとんどなく、1ヶ月の入院の後仕事にも復帰できていましたが2年前に再発、右半身麻痺により日常生活は要介助、仕事は退職せざるをえなくなり、間もなく障害認定日を迎える状況で奥
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほと
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約180万円 相談時の状況 職場での人間関係のストレスが続き、うつ病を発症しました。仕事は継続していましたが異動により給与も下がり、慣れない環境で不安を抱えている状況でご相談をいただきました。その時の請求では3級ので認
続きを読む >>

症候性てんかんで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 症候性てんかん 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 10年前の脳梗塞術後より、てんかんが起きるようになったそうです。抗てんかん薬を服用しても発作が頻繁に起きるようになり、退職してしまった状況で障害年金が請求できないかと相談いただきまし
続きを読む >>

線維筋痛症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 線維筋痛症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 発症は4年前から、首・肩・腰などの関節の痛みが続き整形外科を受診しましたが、どの病院でも原因が分からず、工場作業の仕事も継続困難になり退職しました。その後の転職先でも、これまでできていた力
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/アルバイト 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学生時に人間関係の悩みや、両親の離婚もあり精神的に不安定となり受診しました。 大学卒業後、就職先も決まり一人暮らしを始めましたが、就業中も気分の抑揚が激しくなり退職、一人暮らしも困難
続きを読む >>

双極性障害・軽症又は中等症のうつ病エピソードで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/自営業手伝い 傷病名 双極性障害・軽症又は中等症のうつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 介護職をしていた頃から人間関係の悩みが多く、精神科を受診するようになったそうです。 仕事は退職となり実家の自営業手伝いを行っていた頃に知人から障害年金を教えて
続きを読む >>

難治性うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 難治性うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約127万円 相談時の状況 看護師として勤務していましたが、忙しさもあり不眠が続くようになったそうです。 出社しようとするとめまいや腹痛が起き、仕事にも集中することができず退職となったところ相談をいただきました。 依頼
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定