名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分

厚生年金

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約174万円 相談時の状況 高校卒業後、建設業に従事。現場作業の際、明るさに慣れるのに時間がかかったり、物が見えづらくぶつかってしまうことがあったそうですが、仕事は何とかこなすことができ、忙しかったことも受診はしていま
続きを読む >>

腎機能障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/自営業 傷病名 腎機能障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約192万円 相談時の状況 急性膵炎にて入院した際に糖尿病の指摘を受け、以降程食事療法を行っていたそうですが、約15年後に急激に数値が悪し障害者手帳を取得、週3日・1日5時間の透析治療を開始されたということで障害年金の対象に
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 双極性感情障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約100万円 相談時の状況 ご主人の転勤により愛知県へ転居後、慣れない環境に馴染めず、自宅にこもりがちで気分も落ち込み、受診に至ったそうです。日常的な介助や子供の世話は義理のお母様に助けてもらっていたそうですが、お母様
続きを読む >>

完全房室ブロック、ペースメーカー移植術後上大静脈症候群で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 完全房室ブロック、ペースメーカー移植術後上大静脈症候群 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約116万円 相談時の状況 勤務中に微熱や頻脈、めまいなどの症状があり近医を受診。血液検査で特に異常がなかったことから疲労や風邪ではと診断されました。しかし、数日経っても症状は改善
続きを読む >>

うつ病・広汎性発達障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/会社員 傷病名 うつ病・広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約170万円 相談時の状況 結婚前の勤務先でのストレス等から、うつ病を発症、妊娠中や出産後も症状は続き、特に育児に対する不安が大きく、症状を悪化させてしまったそうです。社会復帰を果たすために、就労支援施設にも通所
続きを読む >>

右被殻出血で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 右被殻出血 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約207万円 相談時の状況 勤務中に倒れ、救急搬送。右被殻出血と診断され保存治療後、リハビリ目的ため転院。左片麻痺が残存し、自力での運動は不可能で、手すりや装具、杖を使用しながらの運動、動作可能な右半身を使用しての補助訓練等
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約176万円 遡求決定した年金額:約 約400万円 相談時の状況 10数年前より、舌が動かしづらい、上手く発声できない、歩行時に足が出づらく引きずるなどの症状を自覚するようになっていた。母親が同病を患っていた
続きを読む >>

筋萎縮性側索硬化症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 筋萎縮性側索硬化症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約184円 遡求決定した年金額 約215円 相談時の状況 およそ7年前に発症し、症状は一時治まったものの3年前に再び出現。様々な治療法を試すも改善せず、歩行はおろか起き上がることもできなくなるまでに悪化。労
続きを読む >>

拡張型心筋症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 拡張型心筋症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約136万円 相談時の状況 二度のうっ血性心不全を発症するも、その後は仕事にも復帰し、日常生活にも支障なく過ごしていました。二度目の治療終了からおよそ5年後、下半身の浮腫みを自覚するようになり、次第に範囲が広がっていったた
続きを読む >>

右変形性膝関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 右変形性膝関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 出生時に股関節の脱臼が判明し、コルセットで矯正。以降、日常生活やスポーツ、就業時にも一切支障はありませんでしたが、3年ほど前より膝の違和感を覚え病院を受診すると、右変形性膝関節症と診断されまし
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定