名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分
MENU

厚生年金

筋萎縮性側索硬化症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 筋萎縮性側索硬化症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約184円 遡求決定した年金額 約215円 相談時の状況 およそ7年前に発症し、症状は一時治まったものの3年前に再び出現。様々な治療法を試すも改善せず、歩行はおろか起き上がることもできなくなるまでに悪化。労
続きを読む >>

拡張型心筋症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 拡張型心筋症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約136万円 相談時の状況 二度のうっ血性心不全を発症するも、その後は仕事にも復帰し、日常生活にも支障なく過ごしていました。二度目の治療終了からおよそ5年後、下半身の浮腫みを自覚するようになり、次第に範囲が広がっていったた
続きを読む >>

右変形性膝関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 右変形性膝関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 出生時に股関節の脱臼が判明し、コルセットで矯正。以降、日常生活やスポーツ、就業時にも一切支障はありませんでしたが、3年ほど前より膝の違和感を覚え病院を受診すると、右変形性膝関節症と診断されまし
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約152万円 相談時の状況 7年ほど前の健康診断で視力の低下を指摘され、夜盲症状などの自覚もあったことから受診。 眼の負担を考えながら仕事を続けていましたが症状は徐々に悪化し、視野の低下で退職に至ったことから、ご相談いた
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 週3日、一日5時間の透析治療を行いながら仕事も続けていましたが、立ち仕事が多く、帰宅後や休日は疲労が蓄積し、外出はもちろん家事も満足にできない状態が続いていました。将来的に就労できる時間が短くなる
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 5年ほど前から激しい被害妄想により職場で暴力沙汰を起こしたり、強い疲労感から仕事も休みがちになり退職。アルバイトを探しても長続きせず、症状を悪化させ引きこもりの状態になっていたところ、お母様よりご相談を
続きを読む >>

完全房室ブロックで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/会社員 傷病名 完全房室ブロック 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 5年前の健康診断で心電図に異常があったものの、経過観察ということで受診には至らなかったそうです。。その後も「経過観察」や「異常なし」のくり返しの判定が続き、自覚症状もなく仕事にも支障はありませ
続きを読む >>

両黄斑ジストロフィーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 両黄斑ジストロフィー 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約177万円 相談時の状況 20年程前に初めて自覚症状があり受診されたそうですが、特に治療法もなく、数年に1度の検査受診を続けている状態でした。症状は緩やかに進行しており、目の前まで近づかなければ人の顔も認識できな
続きを読む >>

脳梗塞で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者 男性(60代)/会社員 傷病名 脳梗塞 決定した年金種類と等級 障害厚生年金1級 決定した年金額 約210万円 相談時の状況 設計職に従事していましたが勤務を終え、帰宅後テレビを観ていたところ意識を失い救急搬送されました。術後2日後に意識は戻るも、左半身は全く力が入らない状態。入院によりリハビリ治療を行うも、高次脳機能障害に
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 30年前に発症し、何とか仕事を続けながら治療を続けていましたが、5年程前に急激に悪化。一時就業困難となり、障害者雇用での再就職を果たすものの、就労後の疲労感で日常生活全般に家族の介助が必要な状態が続いて
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定