名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分
MENU

精神疾患

うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 5年ほど前から激しい被害妄想により職場で暴力沙汰を起こしたり、強い疲労感から仕事も休みがちになり退職。アルバイトを探しても長続きせず、症状を悪化させ引きこもりの状態になっていたところ、お母様よりご相談を
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 30年前に発症し、何とか仕事を続けながら治療を続けていましたが、5年程前に急激に悪化。一時就業困難となり、障害者雇用での再就職を果たすものの、就労後の疲労感で日常生活全般に家族の介助が必要な状態が続いて
続きを読む >>

うつ病、統合失調感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 うつ病、統合失調感情障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約140万円 遡求決定した年金額 約328万円 相談時の状況 就労意欲はあり、アルバイトや短期の契約社員として働くも、数日で辞めたり、辞めさせられたりしてしまったそうです。それにより抑うつ症状は悪化し
続きを読む >>

高機能広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 高機能広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 小学生の頃の不登校がきっかけで受診に至るも、ご本人が通院を嫌がり、お母様が代理受診を続けてこられたそうです。度重なる説得により高校生の頃から治療を開始するも、対人不安などの症状は改善せず、常
続きを読む >>

統合失調感情障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/無職 傷病名 統合失調感情障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 遡求決定した年金額 約78万円 相談時の状況 治療を続けながらアルバイトを試みるも、一週間も経たずに辞めてしまう状態が続いていたとのこと。 人間関係の構築が困難で、ストレスが加わると抑うつ症状が
続きを読む >>

うつ病、持続性気分障害、広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/無職 傷病名 うつ病、持続性気分障害、広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 15年以上前から様々な精神科に通院するも症状は改善せず、慢性的な憂うつ気分や不眠に悩み、自宅にこもりがちの状態が続いていたそうです。 現在のクリニックに転院した際、広汎性
続きを読む >>

アスペルガー症候群、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 アスペルガー症候群、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 遡求決定した年金額 約390万円 相談時の状況 幼い頃から周囲に馴染めず、中学生の頃より、うつ病での通院を開始。高校卒業後は、自宅に引きこもる生活が続いていたそうです。その後、アスペルガ
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 学生時代から友人との人間関係で悩むことが多く、頭痛や腹痛といった身体症状もあり断続的に受診していたそうです。大学卒業後のアルバイト先でも孤立しがちで気分も落ち込み、精神科へ再度通院、広汎性発達障害
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約390万円 相談時の状況 高校2年時に幻聴症状が現れ、家族の抑えもきかない状態だったため精神科へ入院、その後も精神治療を続けながら短大を卒業し就職しましたが、幻聴や妄想症状が悪化させすぐに退職。 就労支援施設に通いながらも
続きを読む >>

広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 工場に勤務していた20代半ば頃から強迫性障害の症状が出現し、仕事に集中することができなくなり退職、引きこもりの状態になってしまった状況を心配した家族に連れられ受診することになっ
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定