愛知障害年金相談センター

MENU

双極性障害

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほと
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/無職 傷病名 双極性感情障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学生時に発症後、症状は一進一退で、仕事で無理をしては症状を悪化させてしまう事をくり返してしまっていたそうです。正社員からアルバイトへ移行する等負担を軽くしていましたが徐々に症状は悪化、現
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/アルバイト 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学生時に人間関係の悩みや、両親の離婚もあり精神的に不安定となり受診しました。 大学卒業後、就職先も決まり一人暮らしを始めましたが、就業中も気分の抑揚が激しくなり退職、一人暮らしも困難
続きを読む >>

双極性障害・軽症又は中等症のうつ病エピソードで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/自営業手伝い 傷病名 双極性障害・軽症又は中等症のうつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 介護職をしていた頃から人間関係の悩みが多く、精神科を受診するようになったそうです。 仕事は退職となり実家の自営業手伝いを行っていた頃に知人から障害年金を教えて
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代) 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 発症・初診は20年前、専業主婦をしていましたが夫の転勤により見知らぬ土地での生活や環境の変化に慣れず、抑うつ症状が悪化していったそうです。 7年ほど前から実家へ戻り療養に専念、その後事務や販売での仕事を始
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 無職・男性(50代) 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約192万円 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 会社員の頃に発症し、躁状態が続くと職場でのトラブルや無断欠勤を繰り返すようになり、休職と復職を繰り返していました。離婚により子供に会うこともできない寂しさや周囲に理解されない落ち込みから症状
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定