名古屋を中心に愛知県全域で障害年金の申請をサポート!

愛知障害年金相談センター

運営:久保社会保険労務士事務所 名古屋の栄駅12番出口から徒歩3分

在職中

多発性硬化症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 多発性硬化症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 数日間発熱が続いていたところ、勤務中に吐き気やめまいに襲われ意識を失ったそうです。安静後に帰宅するも、手足のしびれといった症状もあったため神経内科を受診、すぐに検査入院となりました。入院中も手足の
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約194万円 相談時の状況 製造業にて夜勤をこなし、趣味で野球も続けていましたが、見え方に異常を感じ受診したところ、網膜色素変性症と診断されました。夜盲や視野狭窄といった症状は緩やかに進行、落としたものが見つけられないこ
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約192万円 相談時の状況 10年前に発症。休職や復職、転職を繰り返しながら治療を行うも症状は改善せず、抑うつ気分や食欲不振、不眠などの症状が慢性的に続いていました。 家族のために一日も早く社会復帰しなければと思い、週1、2日
続きを読む >>

頚椎症性脊髄症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 頚椎症性脊髄症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約100万円 相談時の状況 右手の人差し指のしびれと腫れの症状があり受診。レントゲンとMRI検査の結果で、頸椎圧迫による神経の損傷と指摘され、頚椎症性脊髄症と診断された。長年の運転作業等の蓄積によるもので、症状が比較的に
続きを読む >>

両緑内障、右眼底出血で障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両緑内障、右眼底出血 決定した年金種類と等級 障害厚生年金1級 決定した年金額 約97万円 相談時の状況 出生後すぐに先天性緑内障が見つかり手術するも、右眼は失明、左はやや低下した状態だった。以降、経過観察を継続。学校では前の方の席にしてもらったり、体育はほぼ見学だったそうです。 大学卒
続きを読む >>

心房細動で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 心房細動 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 H20年頃から勤務中に動悸が起きるようになり、勤務先の健康診断で相談していた。2年後の心電図検査で指摘を受け、受診。手術し、その後ペースメーカーの装着。 以降、パート勤務にて職場に復帰し、月に
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 自閉症スペクトラム障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 幼少期より周囲と上手くコミュニケーションを取ることができず、社会人になってからも対人トラブルにより転職を繰り返すなど、相手の気持ちを理解できず悩み落ち込むことが多くなり受診に至りまし
続きを読む >>

多巣性運動ニューロパチーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/自営業 傷病名 多巣性運動ニューロパチー 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 およそ15年前、40歳を過ぎたあたりから首・肩・腰の痛みが慢性的に続き、痛みで眠れないことが増えたため整形外科を受診。頚椎症、腰部椎間板ヘルニアと診断され、コルセットや服薬により治
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約144万円 相談時の状況 大学卒業後、ソフト開発のプログラマーとして従事。パソコン作業が中心のため、はじめは単なる眼精疲労だと思っていたそうです。次第に、歩行中に人や物にぶつかったり、躓くことがあり、また明るさや暗さ
続きを読む >>

心室細動・急性心筋梗塞で障害厚生年金3級を受給できたケース

心室細動・急性心筋梗塞で障害厚生年金3級を受給できたケース 相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 心室細動・急性心筋梗塞 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 勤務中に突然吐き気をもよおし、意識を失い救急搬送されました。心肺停止状態で意識は戻りましたが、脳梗塞も発症していたため保存治
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定