在職中

拡張型心筋症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 拡張型心筋症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約136万円 相談時の状況 二度のうっ血性心不全を発症するも、その後は仕事にも復帰し、日常生活にも支障なく過ごしていました。二度目の治療終了からおよそ5年後、下半身の浮腫みを自覚するようになり、次第に範囲が広がっていったた
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 相談時の状況 週3日、一日5時間の透析治療を行いながら仕事も続けていましたが、立ち仕事が多く、帰宅後や休日も疲労が蓄積し、外出できない状態が続いていました。障害年金制度を知り、自分も該当するのではと思ったが、手
続きを読む >>

洞不全症候群で障害厚生年金3級を受給できた事例

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 洞不全症候群 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 兄弟に同様の症状があり、幼少期から足首が固く走るのが苦手だったことから、いつ発症するかという不安はあったそうです。 社会人にな勤務先の健康診断にて不整脈と心電図に異常所見が見つかり受診
続きを読む >>

両網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/会社員 傷病名 両網膜色素変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約144万円 相談時の状況 思い返せば社会人1年目の頃から暗い所で目が慣れず時間がかかったり、見えづらいと感じることはあったとのことでした、PC業務で目を使う時間が多く、ただの疲れだと思い特に受診することは
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約68万円 相談時の状況 10年前の休職時より障害厚生年金3級を受給していましたが、3年間の受給後、停止になっていたそうです。仕事は継続することができていましたが症状が再度悪化、同僚とのトラブルが多く、部署変更に
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約137万円 相談時の状況 糖尿病の発症は13年前、職場で最近喉の渇きが激しい、疲れやすいといった会話を同僚としていたところ、受診してみてはとすすめられたのがきっかけだったそうです。 その後も通院を続けていまし
続きを読む >>

家族性ミオパチーで障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 家族性ミオパチー 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約198万円 相談時の状況 兄弟に同様の症状があり、幼少期から足首が固く走るのが苦手だったことから、いつ発症するかという不安はあったそうです。 社会人になり数年後から徐々に歩行困難な状況になり、杖を使わな
続きを読む >>

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 変形性股関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 トラックの運転手をしていた5年位前から、運転時や作業時に股関節の違和感を感じるようになり徐々に痛みが進行、両変形性股関節症と診断され通院を続けていました。次第に車の運転も困難になっており
続きを読む >>

急性リンパ性白血病で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 急性リンパ性白血病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約73万円 相談時の状況 倦怠感や発熱が続き、症状が治まらない事から検査をしたところ、白血病と診断されたそうです。抗がん剤治療を続けていましたが、就労時の疲労感や倦怠感、発熱等もあり今まで通りの仕事がこなせな
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約209万円 相談時の状況 仕事での激務が続き10年前に受診、症状は一進一退でしたが、家族を支えていかなければならない責任感から仕事を続け、症状を悪化させてしまったそうです。3年前から勤めていた会社を休職し、傷病手当の受
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定