愛知障害年金相談センターに依頼するメリット

年金事務所や社会保険事務所、ケースワーカーの方に相談しているのだけど、社労士の先生に依頼するメリットってあるの?
と相談のときに良く聞かれます。

そこで各事業所の特徴を下記の表にて明記しました。相談される場所選定の参考情報として、ご覧頂ければ幸いです。

項目 愛知障害年金
相談センター
一般の社労士
事務所
年金事務所
(年金機構)
ケースワーカー
専門性の高さ 高い 経験による。経験が少ないところが多い。 担当者による。経験が少ない担当者が多い 担当者による。経験が少ない方が多い規模が小さい病院ほどその傾向が強い
やってもらえること 分かりやすい制度説明はもちろん、無料で、ある程度の受給可能性を伝えることが出来る。サポートを依頼した場合は(必要に応じ)出張相談や病院への同行も行う。受給可能性を最大限に高めるためのサポートができる (事務所によるが)
制度の説明と申請書類の代筆のみのところがほとんど。事務所によっては対応できないところもある
書類に不備がないかのチェックと制度の
説明
制度の説明と
年金事務所への確認
申請者のやること 下記2つのみ
・ご自身の生活状況を話して頂く
・お話をもとに作成した依頼書等を医師に提出して頂く場合がある
アドバイスをもとに
10種類近くの申請書類や必要資料を集めたり、色々な書類を自分で記入する必要がある場合が多い
1から10まで
全部自分でやる
1から10まで
全部自分でやる
実情 毎月20件程度の
サポートをしており、常に症例研究を
重ねている
障害年金の申請は、書類により審査されるため、事例研究が最も重要だが、経験・実績不足、研究をしていない事務所も多いため、見極めが必要 人不足で、障害年金の経験値が全くない正職員が対応することも多い 本業が忙しく、
障害年金に時間を
割くことが難しい
受給可能性を
判断できるか
判断でき、
伝えることができる
事例研究を常に力を入れて行なっていなければ、判断は難しい 判断することはできない 事例研究していなければできない

上記から分かるように、当センターに相談するメリットは以下の5つです!

1、あなたが障害年金を受給できるか可能性が分かる

2、書き方が分からず、障害年金がもらえなかったり、本来もらえる金額より少なくなるといったことが少なくなる

3.障害年金を申請するためには難しい書類を書いたり、年金事務所などに何度も足を運ばなくてはいけないといった手間がなくなる

4、受給可能性があるのに、申請を諦めるということがなくなる

5、ご自身で申請したり、他の事業所に依頼するよりも早く受給できる可能性が高くなる
⇒早く申請することで、ご自身が受け取ることができる障害年金の金額が、生涯で最低3万円/月増えます。迷わずまずは愛知障害年金相談センターに依頼されることをお薦めします。

年金機構の相談員やケースワーカーに相談して支援して頂くことが良い場合もありますが、場所によって対応は様々です。他の事業所に相談することを検討される方も、まずは当センターにご相談ください。

当センターの無料相談会にて、あなたの状況をヒアリングさせて頂き、どこに依頼すればいいかまで、お伝えします。
当センターの使命は何らかの病気で就労できず、経済的にお困りの方の「経済的自立」です。

まずは、当事務所に相談ください。初回のご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問 Q&A

Q.昔、病気にかかっていたことがあれば、必ず遡及できますか?

A.はい。遡及できる可能性もあります。ただし、当時の診断書やその他病院にかかっていた証明がなければ、遡及できません。もし、診断書や証明できるものがあれば、訴求できる可能性もあるので、お問合せ下さい。

Q.何歳でも請求できるんですか?

A.いえ、65歳になる前にかかった病気や怪我が対象です。ただし、よく勘違いされることがあるのですが、20歳前にかかった病気や怪我(先天性のものも含む)も対象になる可能性があります。もらえるのに知らずに申請していない方もいますので、対象になると思われたら、一度お問合せ下さい。

Q.20歳前の病気で保険料を収めてないのですが、私ももらえるのでしょうか?

A.20歳前の病気や怪我に限っては、保険料をおさめていなくても対象になります。

>>>その他のQ&Aはコチラをクリック>>>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定