人工関節

変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 変形性股関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 トラックの運転手をしていた5年位前から、運転時や作業時に股関節の違和感を感じるようになり徐々に痛みが進行、両変形性股関節症と診断され通院を続けていました。次第に車の運転も困難になっており
続きを読む >>

変形性股関節症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(60代)/会社員 傷病名 変形性股関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約134万円 遡及額(2年10ヶ月) 約380万円 相談時の状況 右股関節の痛みがあり整形外科を受診、検査の結果股関節症は末期の状態で6か月後に人工股関節手術、手術後も勤務を続けていましたが、職場の同僚から障
続きを読む >>

変形股関節症(人工関節)で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/無職 傷病名 変形股関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約61万円 相談時の状況 出生時より先天性股関節脱臼の症状があったが、手術により学生時代や社会人になってからも症状なく過ごすことができていました。40代に入った頃より股関節の痛みが出始め通院、徐々に症状が悪化し人工関
続きを読む >>

骨肉腫で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 事務職・女性(20代) 傷病名 骨肉腫 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約78万円 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学4年時に左足大腿骨に骨肉腫が見つかり人工関節置換手術、術後も腫瘍が肺に転移し抗がん剤治療を行っていました。体調の悪化もあり入院期間が長く、内定
続きを読む >>

変形股関節症(人工関節)で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 変形股関節症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 支給月から更新月までの総支給額 約64万円 相談時の相談者様の状況 5年ほど前より股関節痛の症状が徐々に悪化、痛みにより歩行も困難な状態で、事前に年金事務所へ相談に行かれたのですが、幼少期の股関節脱臼の症状を理由に厚生年金では請求できない
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定