脊髄小脳変性症・多発性硬化症・多系統萎縮症

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/自営業 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 10年ほど前から仕事中のもの忘れや、足元のふらつきなどを自覚するようになり受診、症状は徐々に進行し1年前に奥様のサポートで請求しましたが不支給となり、改めて請求を検討したいと相談をいただきました
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代) 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 家事をしていて目まいやふらつきがひどくなり、歩行中にも足元がふらつき躓きやすくなっていたため近所の内科を受診したのがきっかけでした。 総合病院での検査をすすめられ脊髄小脳変性症と診断、服薬を続けてい
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代) 傷病名 関節リウマチ 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約100万円 相談時の相談者様の状況 7年前に発症。 発症時は体にしびれを感じる程度であったとのことでしたが次第に症状が進行し、現在では家庭内での歩行も壁づたいや手すりにつかまりながら出ないと難しくなっており、家
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定