脳疾患

小脳梗塞で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 小脳梗塞 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約222万円 相談時の状況 8年前に小脳梗塞発症も後遺症はほとんどなく、1ヶ月の入院の後仕事にも復帰できていましたが2年前に再発、右半身麻痺により日常生活は要介助、仕事は退職せざるをえなくなり、間もなく障害認定日を迎える状況で奥
続きを読む >>

左脳出血で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 左脳出欠 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 約3年前に脳出血を発症、リハビリ通院を続けていましたが、左半身はほとんど使うことができず、家庭内での日常生活もヘルパーさんやご主人の介助が必要な状況で、ご主人が新聞にて障害年金の存在を知り、
続きを読む >>

脳梗塞で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(60代)/会社員 傷病名 脳梗塞 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約180万円 相談時の状況 脳梗塞発症後左半身麻痺となり、復職も困難、日常生活は要介助の状況で、早めに請求を進めていきたいとご家族より相談いただきました。 依頼から請求までのサポート 医師に症状を確認したところ、症状
続きを読む >>

左前頭部脳腫瘍で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/自営業 傷病名 左前頭部脳腫瘍 決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級 決定した年金額 約93万円 相談時の状況 15年前の発症時は後遺症もなく、仕事に復帰することができていましたが、再発時の腫瘍摘出手術以降、右半身麻痺により就労はもちろん日常生活も困難となり、ご家族が請求を行いましたが不支給、改め
続きを読む >>

脳出血で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 脳出血 決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級 決定した年金額 約93万円 相談時の状況 脳出血発症後右半身に麻痺が残存、自宅内では杖や壁、手すりがなければ移動することができず、外出時は車いすを使用。 日常生活全般にご主人の介助が必要な状況で、うつ症状も発症し話すことができなかっ
続きを読む >>

脳出血で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 脳出血 決定した年金種類と等級 障害厚生年金1級 決定した年金額 約97万円 相談時の状況 2度の脳出血により全身に麻痺が残り、日常生活は要介護となっていたところ、同居する弟さんよりご相談をいただきました。 依頼から請求までのサポート 弟さんと面談、過去の発症歴や生活状態を確認させて
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/自営業 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 10年ほど前から仕事中のもの忘れや、足元のふらつきなどを自覚するようになり受診、症状は徐々に進行し1年前に奥様のサポートで請求しましたが不支給となり、改めて請求を検討したいと相談をいただきました
続きを読む >>

脳幹部出血で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(60代)/無職 傷病名 脳幹部出血 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 脳幹出血を発症、両上肢・下肢の麻痺により日常生活全般に家族の介助が必要、杖を使わなければ歩行困難な状態でした。家族が請求手続きを進め提出しましたが不支給となり、結果は本当に妥当なのかと相談をいただきま
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代) 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 家事をしていて目まいやふらつきがひどくなり、歩行中にも足元がふらつき躓きやすくなっていたため近所の内科を受診したのがきっかけでした。 総合病院での検査をすすめられ脊髄小脳変性症と診断、服薬を続けてい
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 脊髄小脳変性症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約159万円 相談時の状況 目まいや耳鳴りが続き当初は内科を受診していたが、足元がふらつき、歩行中につまづいたりすることが多くなってきたそうです。父親が同病であり自身も検査を行ったところ脊髄小脳変性症と診断されまし
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定