統合失調症

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約390万円 相談時の状況 高校2年時に幻聴症状が現れ、家族の抑えもきかない状態だったため精神科へ入院、その後も精神治療を続けながら短大を卒業し就職しましたが、幻聴や妄想症状が悪化させすぐに退職。 就労支援施設に通いながらも
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学卒業後アルバイトを続けていた頃、人間関係や将来への不安感から不眠や抑うつ症状が現れるようになったそうです。正社員での仕事が決まっても緊張や不安が強く、仕事に集中することができなくなり退
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約68万円 相談時の状況 10年前の休職時より障害厚生年金3級を受給していましたが、3年間の受給後、停止になっていたそうです。仕事は継続することができていましたが症状が再度悪化、同僚とのトラブルが多く、部署変更に
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 うつ病を発症しすぐに退職、その後も仕事は決まっても症状を悪化させての退職をくり返していました。幻聴症状も現れるようになり、日常生活もままならない状況となっていた頃に障害年金の存在を知り、相
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 小学校の頃より情緒不安定なところがあり、精神科を受診するようになったそうです。精神症状は悪化し幻聴・幻覚や妄想症状も現れるようになり、統合失調症と診断され通院を続けていました。20歳を迎えた時
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/専業主婦 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学3回生の頃に不眠、不安、対人恐怖が強くなり受診したそうです。 大学卒業後すぐに結婚、ご主人の転勤先で、誰も知り合いがいない不安などから精神症状を悪化させ、統合失調症と診断されました。
続きを読む >>

統合失調感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/専業主婦 傷病名 統合失調感情障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約100万円 相談時の状況 パート勤務で事務をしていた頃から、不眠や過食症状があらわれるようになり受診しました。 仕事を辞め自宅療養していましたが、幻覚や妄想症状が顕著になり、家事や子育ても満足に行えなくなっていた
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

  相談者 男性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約78万円 遡求決定した額 約270万円 相談時の状況 中学生の頃に発症し不登校、卒業後も自閉的な生活で幻聴や幻覚から暴れてしまうことがあり、家族が請求手続きを行いましたが不支給決定
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約80万円 相談時の状況 大学卒業後、社会人5年目頃より仕事の忙しさや人間関係の悩みから不眠、意欲の低下など抑うつ症状が出現、精神科へ通院しながら勤務を続けいていたそうです。次第に勤務中にも幻聴や幻覚や妄想症状が現れ入院、以
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース⑤

相談者 男性(40代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約77万円 相談時の状況 高校生の頃から発症し、卒業後も就職することができず家族のサポートを受けアルバイトをしながら治療を続けていました。その後専門学校にて介護の資格を取得し就職していたが、幻覚・幻聴や抑うつ症状の悪化
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定