広汎性発達障害・知的障害

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 学生時代から友人との人間関係で悩むことが多く、頭痛や腹痛といった身体症状もあり断続的に受診していたそうです。大学卒業後のアルバイト先でも孤立しがちで気分も落ち込み、精神科へ再度通院、広汎性発達障害
続きを読む >>

広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 工場に勤務していた20代半ば頃から強迫性障害の症状が出現し、仕事に集中することができなくなり退職、引きこもりの状態になってしまった状況を心配した家族に連れられ受診することになっ
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級 決定した年金額 約97万円 遡求決定した年金額 約97万円 相談時の状況 小学校入学までは特に指摘もなかったのですが、落ち着きのなさや集団行動が苦手なことが多く、検査の結果自閉
続きを読む >>

軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 軽度知的障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 幼少期から行動が遅く、集団行動が苦手といったことはありましたが、受診には至っていなかったそうです。高校に進学することはできず、アルバイト等の就労も長続きせず、家庭内で暴れてしまうこともあり精
続きを読む >>

軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代) 傷病名 軽度精神遅滞 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 保育園の頃に精神遅滞を指摘され、特別支援学級に通学されていました。中学卒業後は自営業を営む両親の手伝いをしていましたが、次第に引きこもりになっていったそうです。 ご両親が亡くなり、将来を心配したお姉さ
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代) 傷病名 広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約80万円 3年分の遡及額 約240万円 相談時の状況 大学卒業後20年以上営業職を続けていましたが、上司や同僚とのコミュニケーションがうまくいかず悩むことが多かったそうです。 5年ほど前から会社での人間関係がさ
続きを読む >>

精神発達遅滞で障害基礎年金2級を審査請求受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 精神発達遅滞 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 生後まもなく精神発達遅滞を指摘され、養護学校卒業以降も作業所に通う日々が続いていました。自身の収入では生活できない状況で、将来を案じたお姉様より相談を受け、請求手続きを進めていくことになりました。
続きを読む >>

発達障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 発達障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約140万円 相談時の状況 幼少期~学生時代に症状の自覚はなかったのですが、社会人になり職場での人間関係の問題や仕事がなかなか覚えられず、数ヶ月での退職をくり返していました。職場で精神科での診察をすすめられ、当初はうつ病診断され
続きを読む >>

知的障害・自閉症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/会社員 傷病名 知的障害・自閉症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約78万円 相談時の相談者様の状況 養護学校卒業後障害者雇用にて就職したが、日常生活はもちろん、通勤方法や仕事の進め方など家族等の指導や見守りが必要な状況で、20歳の誕生日を迎える前に、お父様よりご相談
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定