双極性感情障害・躁うつ病

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほと
続きを読む >>

双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/無職 傷病名 双極性感情障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学生時に発症後、症状は一進一退で、仕事で無理をしては症状を悪化させてしまう事をくり返してしまっていたそうです。正社員からアルバイトへ移行する等負担を軽くしていましたが徐々に症状は悪化、現
続きを読む >>

躁うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 躁うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約130万円 遡求決定した年金額 約366万円 相談時の状況 仕事の激務が続き5年ほど前に発症、以後入退社をくり返し、どの仕事を始めてもうつ症状の悪化により継続することができず、自分を責め
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/アルバイト 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学生時に人間関係の悩みや、両親の離婚もあり精神的に不安定となり受診しました。 大学卒業後、就職先も決まり一人暮らしを始めましたが、就業中も気分の抑揚が激しくなり退職、一人暮らしも困
続きを読む >>

統合失調感情障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代) 傷病名 統合失調感情障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 幼少期からコミュニケーションが苦手で、集団行動が困難だったそうです。大学生の頃に症状が悪化、過眠症状も現れ学校にも行くことができなくなり受診に至りました。 自宅で過ごしていても盗聴されている
続きを読む >>

躁うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代) 傷病名 躁うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約100万円 相談時の状況 高校生の頃から情動不安定なところがあり、高校卒業後働き出してすぐに精神科受診歴があったそうです。 徐々に症状が悪化し入退院をくり返していました。 結婚、出産後も躁うつの症状は続き、子育てもできる
続きを読む >>

躁うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/無職 傷病名 躁うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約136万円 相談時の状況 発達障害の息子さんの介助をしながら保険の外交員をしていた頃に発症、自身で請求し障害厚生年金3級を受給していました。仕事の継続は困難となり退職、次第に家事や子育ても行う気力がなく、自身を責め自殺未遂をく
続きを読む >>

躁うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 躁うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約120万円 相談時の状況 会社員の頃残業で不眠が続き、意欲の低下から仕事にも集中できなくなり受診しました。 一時改善したこともあり受診は途切れがちでしたが、うつ症状に加え、買い物やギャンブルで散在してしまうといった躁症状も
続きを読む >>

躁うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/パート勤務 傷病名 躁うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 2年程前から仕事に集中することができず、意欲の低下や気分の高揚が起きるようになったそうです。退職後、負担を減らしパート勤務にしましたが、症状の悪化が顕著になりご相談いただきました。 依頼から請求
続きを読む >>

双極性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代) 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 発症・初診は20年前、専業主婦をしていましたが夫の転勤により見知らぬ土地での生活や環境の変化に慣れず、抑うつ症状が悪化していったそうです。 7年ほど前から実家へ戻り療養に専念、その後事務や販売での仕事を始
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定