精神疾患

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 広汎性発達障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 学生時代から友人との人間関係で悩むことが多く、頭痛や腹痛といった身体症状もあり断続的に受診していたそうです。大学卒業後のアルバイト先でも孤立しがちで気分も落ち込み、精神科へ再度通院、広汎性発達障害
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約390万円 相談時の状況 高校2年時に幻聴症状が現れ、家族の抑えもきかない状態だったため精神科へ入院、その後も精神治療を続けながら短大を卒業し就職しましたが、幻聴や妄想症状が悪化させすぐに退職。 就労支援施設に通いながらも
続きを読む >>

広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 工場に勤務していた20代半ば頃から強迫性障害の症状が出現し、仕事に集中することができなくなり退職、引きこもりの状態になってしまった状況を心配した家族に連れられ受診することになっ
続きを読む >>

双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 双極性障害 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約135万円 相談時の状況 事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほと
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/無職 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 離婚や仕事での残業続きなどストレスが重なり、次第に出社できなくなり精神科を受診。 以降仕事が長続きせず、3年で7回の転職があり悩んでいた頃に病状を心配したお母様が障害年金を知り、相談をいただきま
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 15年ほど前に関節症状が悪化、リウマチと診断され通院を続けていましたが、次第に症状が悪化し家事がこなせず、家族への申しわけなさで自身を責めてしまい、憂うつになっていったそうです。 食欲不振や
続きを読む >>

気分変調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/専業主婦 傷病名 気分変調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約123万円 相談時の状況 2年前から気分変調症により障害基礎年金を受給されていました。更新時に診断書を提出したところ支給停止の通知が届き、診断書の内容も、家庭での病状も変化がなかったのになぜ停止になったのか、審査
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職 傷病名 統合失調症 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学卒業後アルバイトを続けていた頃、人間関係や将来への不安感から不眠や抑うつ症状が現れるようになったそうです。正社員での仕事が決まっても緊張や不安が強く、仕事に集中することができなくなり退
続きを読む >>

うつ病で障害基礎年金2級で受給できたケース

相談者 女性(50代)/専業主婦 傷病名 うつ病 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 4年ほど前に家族で転居してから、不慣れな環境や通勤に往復3時間以上もかかるようになり、ストレスから不眠や動悸が現れるようになり、精神科を受診するようになりました。通院を続けるも抑うつ症状は
続きを読む >>

自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害で障害基礎年金1級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職 傷病名 自閉症スペクトラム障害、軽度知的障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金1級 決定した年金額 約97万円 遡求決定した年金額 約97万円 相談時の状況 小学校入学までは特に指摘もなかったのですが、落ち着きのなさや集団行動が苦手なことが多く、検査の結果自閉
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定