腎疾患(人工透析など)

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約137万円 相談時の状況 糖尿病の発症は13年前、職場で最近喉の渇きが激しい、疲れやすいといった会話を同僚としていたところ、受診してみてはとすすめられたのがきっかけだったそうです。 その後も通院を続けていま
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約138万円 相談時の状況 職場での健康診断にて10年ほど前から尿たんぱくを指摘されていたそうです。 数値は徐々に悪化し、透析治療を行うことが決まりシャントを作成した頃に障害年金の存在を知り、相談いただきました。
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約155万円 相談時の状況 バス運転手として勤務していた頃、健康診断にて糖尿を指摘され通院していました。  自覚症状は少なく受診は断続的でしたが、次第に数値は悪化、透析治療をすすめられ運転手から内勤事務へ職種変更と
続きを読む >>

腎機能障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/自営業 傷病名 腎機能障害 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 訴求額 約50万円 相談時の状況 気管支炎を発症したところ受診、症状がなかなか治らず検査を行ったところ、腎機能障害が判明しました。透析治療を開始した数か月後、知人に障害年金を受給できるのでは?と聞きご
続きを読む >>

慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 慢性腎不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約201万円 相談時の状況 前年に肺炎を発症して以降腎機能も低下し、週3回の透析治療を続けることになったそうです。現場作業から負担の少ない事務職へ異動、給与も下がってしまった中で奥様よりご相談をいただきました。 依頼から請
続きを読む >>

糖尿病性腎症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 糖尿病性腎症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約118万円 相談時の状況 会社での健康診断により糖尿病の疑いがあり、診察をすすめられていたが当時は自覚症状もなく、ほとんど受診していなかったそうです。入退院を繰り返すようになった状況で透析治療が必要になり、障害年
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定