心疾患(ICD、CRT-Dなど)

洞不全症候群で障害厚生年金3級を受給できた事例

相談者 女性(40代)/専業主婦 傷病名 洞不全症候群 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約58万円 相談時の状況 兄弟に同様の症状があり、幼少期から足首が固く走るのが苦手だったことから、いつ発症するかという不安はあったそうです。 社会人にな勤務先の健康診断にて不整脈と心電図に異常所見が見つかり受
続きを読む >>

突発性拡張型心筋症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 男性(40代)/会社員 傷病名 突発性拡張型心筋症 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 決定した年金額 約170万円 相談時の状況 20年以上前の会社の健康診断がきっかけで病状が発覚、服薬治療により勤務も継続できていましたが、動悸や息切れなどの症状が悪化し長時間の勤務が困難となり、入退院を繰り返している状況で相
続きを読む >>

狭心症・うっ血性心不全で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代) 傷病名 狭心症・うっ血性心不全 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約65万円 相談時の状況 咳が止まず、風邪の症状が長引いていると思っていました。次第に職場での作業中、軽く走っただけで息苦しさや動悸が起きるようになり、母親が同様の症状、心筋梗塞で入院中だったこともあり受診したところ、狭
続きを読む >>

心不全で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/自営業 傷病名 心不全 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 自宅にて突然意識を失い救急搬送、心不全と診断されペースメーカー装着手術。 退院後は経過観察を続けながら、自営の仕事に復帰するも体力低下もあったため人員を増やし、自身の負担を軽くしながら仕事にも復帰して
続きを読む >>

心疾患で障害年金2級を受給できたケース

梗塞後狭心症 Dさんは、20年前に狭心症を患い、15年前にでバイパス手術を実施しました。10年以上の社会的治癒があった後、約5年前に再び狭心症が再発し、再度バイパス手術をして、現在に至っているというご相談を受けました。 医師から診断書を頂いたところ、「現在は軽微ではあるがいつ何時心不全をきたすか余地できないため、日常生活においても注意が必要であり、日常生活に著しい制限をきたしているため、労
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定