がん

子宮頸癌で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(30代)/専業主婦 傷病名 子宮頸癌 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 がん検診により子宮頸がんが判明、放射線・抗がん剤治療を続けており、疲労感や倦怠感、動悸や息切れが起きてしまうことから家庭内の家事を行うことや一人で外出することも困難な状況で、障害年金の対象に
続きを読む >>

痔ろう癌で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者 男性(50代)/会社員 傷病名 痔ろう癌 決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級 決定した年金額 約73万円 決定した遡及額 約85万円 相談時の状況 職場での健康診断で血便から再検査の指示を受け、痔ろう癌が発覚しました。すぐに人工肛門造設手術を行い、退院後は職場にも復帰することができていましたが、同僚から障害
続きを読む >>

直腸癌で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(50代)/会社員 傷病名 直腸癌 決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約300万円 決定した年金額 約140万円 相談時の状況 勤務先での健康診断によりがんの疑いを指摘され、受診したところ、直腸癌との診断を受けその後人工膀胱・人工肛門手術を行い、抗がん剤治療により休職中
続きを読む >>

骨肉腫で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 事務職・女性(20代) 傷病名 骨肉腫 決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級 支給月から更新月までの総支給額 約78万円 決定した年金額 約78万円 相談時の状況 大学4年時に左足大腿骨に骨肉腫が見つかり人工関節置換手術、術後も腫瘍が肺に転移し抗がん剤治療を行っていました。体調の悪化もあり入院期間が長く、内定
続きを読む >>

がんで障害年金2級を受給できたケース

Sさんのお兄さんから、「Sさんが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」 と懸念しておりました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛などがみられていました。 また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。 その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、骨に転移が判明してしまいました。 障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました
続きを読む >>

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定