双極性感情障害で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者 女性(40代)/専業主婦
傷病名 双極性障害
決定した年金種類と等級 障害厚生年金2級
決定した年金額 約135万円

相談時の状況

事務職として勤務していた頃に発症、出社しようとすると頭痛や吐き気に襲われ、抑うつ症状が蔓延化するようになったそうです。退職後、ご主人の仕事の都合で転居してからさらに症状は悪化、外出することがほとんどできなくなり相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

初診時の病院ではカルテが残っていませんでしたが、紹介状などからなんとか初診日を証明することができ、診断書依頼、提出まで進めていきました。

結果

無事、障害厚生年金2級で決定しました。

双極性感情障害・躁うつ病の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定