広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(20代)/無職
傷病名 広汎性発達障害
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
決定した年金額 約78万円

相談時の状況

学生時代から友人との人間関係で悩むことが多く、頭痛や腹痛といった身体症状もあり断続的に受診していたそうです。大学卒業後のアルバイト先でも孤立しがちで気分も落ち込み、精神科へ再度通院、広汎性発達障害と診断されました。

アルバイト退職後、意欲の低下や物忘れがひどくなった等の自覚症状があり、年金の対象とならないかと相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

発病時のことを思い出すことに抵抗があり、記憶も薄れがちだったため、学生時代からの受診歴の確認や書類取得、診断書依頼から申立書作成まで全般的にサポートさせていただきました。

結果

障害基礎年金2級で受給決定、就労支援施設への通所も決まり、自立した生活をできるようにしたいと前向きになっておられました。

広汎性発達障害・知的障害の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定