統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 女性(20代)/無職
傷病名 統合失調症
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
決定した年金額 約390万円

相談時の状況

高校2年時に幻聴症状が現れ、家族の抑えもきかない状態だったため精神科へ入院、その後も精神治療を続けながら短大を卒業し就職しましたが、幻聴や妄想症状が悪化させすぐに退職。

就労支援施設に通いながらも症状は一進一退で、入退院を繰り返している状況で、障害年金の対象となるのではとお母様より相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

様々な治療のため転院や入院歴も多く、医療機関にも確認しながら受診歴を整理、書類取得や作成までサポートさせていただきました。

結果

障害基礎年金2級で受給決定。5年分の遡及も認められ、日常生活全般をサポートされていたお母様にも安心していただくことができました。

精神疾患の最新記事

統合失調症の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定