広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者 男性(30代)/無職
傷病名 広汎性発達障害、強迫性障害、うつ病
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
決定した年金額 約78万円

相談時の状況

工場に勤務していた20代半ば頃から強迫性障害の症状が出現し、仕事に集中することができなくなり退職、引きこもりの状態になってしまった状況を心配した家族に連れられ受診することになったそうです。

その後も複数の病院を受診しましたが症状は改善せず、2年ほど前にお母様が書類をそろえ障害年金を請求しましたが不支給決定。

以後も就労することができず、日常生活全般に家族の介助が必要な状況で受給することはできないかと相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

前回請求時の書類も確認させていただき、改めての申立書作成、診断書依頼にあたって現在の主治医にも協力いただき、請求まで進めていきました。

結果

障害基礎年金2級で受給決定。相談時に、1度不支給となると決定が出にくいのではないかと不安を感じておられましたが、無事決定通知を受けるとができ安心していただけました。

うつ病・気分変調症の最新記事

広汎性発達障害・知的障害の最新記事

精神疾患の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定