気分変調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者

女性(30代)/専業主婦

傷病名 気分変調症
決定した年金種類と等級 障害基礎年金2級
決定した年金額 約123万円

相談時の状況

2年前から気分変調症により障害基礎年金を受給されていました。更新時に診断書を提出したところ支給停止の通知が届き、診断書の内容も、家庭での病状も変化がなかったのになぜ停止になったのか、審査請求は可能なのかとご主人より相談をいただきました。

依頼から請求までのサポート

認定時や更新時の診断書内容や家庭での生活状況も確認させていただき、内容としても2級で受給できない理由が見当たらないほどで、審査請求の準備を進めていきました。

結果

支給停止の取消、引き続き障害基礎年金2級での受給決定を得られ、パートに出ることもできず、家事全般もご主人がサポートされている状況が認められ、喜んでいただけました。

うつ病・気分変調症の最新記事

精神疾患の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定