洞不全症候群で障害厚生年金3級を受給できた事例

相談者

女性(40代)/専業主婦

傷病名 洞不全症候群
決定した年金種類と等級 障害厚生年金3級
決定した年金額 約58万円

相談時の状況

兄弟に同様の症状があり、幼少期から足首が固く走るのが苦手だったことから、いつ発症するかという不安はあったそうです。
社会人にな勤務先の健康診断にて不整脈と心電図に異常所見が見つかり受診、洞不全症候群と診断されました。
次第に動悸や息切れといった自覚症状も顕著になり、長時間の立ち仕事は困難となりペースメーカーを装着、社員からパート勤務に変更し、何か補償は内科と思っていた時に障害年金を知り、受給することができないかと相談いただきました。

依頼から請求までのサポート

治療経過から度々の手術により転院歴も多く、ヒアリングにより受診歴をまとめさせていただき書類作成、提出までサポートさせていただきました。

結果

障害厚生年金3級で受給決定。
気持ちはあっても就労制限により長時間勤務ができなくなり、無事補償を受けることができてよかったと喜んでいただけました。

心疾患(ICD、CRT-Dなど)の最新記事

初回相談0円
サポート料金
アクセス
受給判定